英語上達のための効率的な勉強方法

大きな声で話すと英語は通じます。

英語のスピーキングで一番重要な要素は、
単語でもなく、発音でもなく、
大きな声で話しているかどうかです。

 

 

声が届いてさえいれば、
少し間違っていても、相手が頑張って理解しようとしてくれますが、
声が小さいと何もすることはできません。

 

 

日本語はコソコソと話すこともあると思いますが、
英語は、お腹から大きな声を出して話すことが多いようです。
そもそも大きな声で話すことを基につくられた言語なので、
小さい声では相手mに伝わらないでしょう。

 

 

英語で外国人と話す機会があれば、
是非大きな声で話をするということだけを
考えて話をしてみてください。

 

 

相手の反応も良く、自分の英語を大きく飛躍的に、
進化させるきっかけになるかもしれません。

大きな声で話すと英語は通じます。関連ページ

セルフスピーキングトレーニング
このサイトは英語を上達するために、無駄な勉強をやめ、効率的に英語を上達させるためのサイトです。