英語上達のための効率的な勉強方法

セルフスピーキングトレーニング

英語を話すのは、実は、読んだり、書いたり、聞いたりすることよりも、
一番簡単なのです。

 

 

読むと聞くは相手の言葉や発音、イントネーション、
その意味を知っているかなど、いろいろな要素が関係あります。

 

しかし、話すのと書くのは、自分が話したいことや、
書くことを英語にできればよいので、
相手のスキルに依存しないことになります。

 

 

普段人が一ヶ月の間に使う言葉は恐らく、2000語もないでしょう。
一般的に受験に使われる単語は、全員が良く使う言葉を
平均的に集計したものなのです。

 

 

自分が使う言葉だけを単語帳にすることによって、
それを覚えるだけで、十分話せるようになります。

 

 

自分が普段使っている日本語の言葉の中から、
英語で表現できない、単語がわからないものを
なるべく早いタイミングで調べて、
その単語のみ使えるようになるだけで、
十分に会話ができるようになるでしょう。

 

 

セルフスピーキングトレーニング関連ページ

大きな声で話すと英語は通じます。
このサイトは英語を上達するために、無駄な勉強をやめ、効率的に英語を上達させるためのサイトです。